このページの目次
YANAPY's Profile

このホームページの制作者プロフィールを簡単にご紹介します。
ホームページを見る際の参考として下さい。



YANAPY's HomePage 作成者プロフィール

このホームページの作成者の概要は次の通りです。

よろしくね
性 別 
血液型 O型 Rh+
誕生年 1974年
大阪府
現住所 北海道の東側のどこか
職 業 公務員
妻と娘と息子と4人暮らし
旅行(主に国内)
PC歴  年目 この年数表示について>>


「YANAPY」の語源について

ネット限定でご使用下さい。

 もともとは私が高校1年の時にクラスの女の子の一部が私の呼称として使っていたのが語源。
 このホームページでもその名称をそのまま採用しました。「YANAPY」は当て字で、上記の通り「やなぴー」と読んで下さい。正しくはどう書くんでしょうね。平仮名が一番かわいくっていいかな、とか思っていますが(笑)。
 ただし、ネット名として使っていただき、実際に会うときは決して使わないでくださいね。



趣味について

旅行、パソコン、そんなとこかな・・・

 趣味は旅行(国内)。最近は北海道内のほか沖縄にも力を入れています。
 旅では四季折々のきれいな風景をもとめてカメラ片手に出ることが多いです。住む場所柄どうしても車の利用が多いですが、時には徒歩や自転車で、また田舎暮らしでの体力の衰えを気にしつつハイキング程度の軽登山をしてみたり、また温泉につかってぶらぶらしたりとそんな過ごし方をすることも多いです。
 最近は家族旅行的な旅が中心になってきました。あまり長期の旅でなく数日程度にするようにしています。今後もこの傾向で行くでしょう。また北海道内主なところは一通り経験していることから慣れ親しんだところを何度も行って少しずつ深める形態も増えてきました。
 以前は主にユースホステルを利用する100%自己計画の旅行が中心でした。しかし最近は加齢の影響かそうした旅に少々つらい面も出てきだしました。そうしたことからも家族旅行的な旅を好むようになってきました。
 北海道内は慣れたもので日常生活の延長といった感じがありますが、よく知らない場所へいくのは非常にわくわくします。沖縄旅行にはそうした感動をもとめている部分もあるのでしょう。沖縄も何度も行くうちに慣れ親しんだ場所になってきましたが、それでもたまに沖縄の空気を吸う感動はひとしおに感じます。
 現在、海外旅行はあまり積極的には考えていません。最近は国内旅行より安上がりという不思議な経済現象がありますが、個人的には海外旅行をする前にもっと自分の国を知った方がいいんじゃないの、と思いますが・・・。



出身地について

よくわからんのであまり説明したくないけど・・・

 私は1974年、大阪府吹田市生まれ。数ヶ月大阪に住み、埼玉県久喜市、東京都多摩市の在住を経て、大阪で就職。97年4月より関西地区の通信事業者に勤務したあと、北海道に移住し仕事も学校事務職員に転職。現在に至っています。関東地区在住が非常に長かったため小学校から大学まで東京の学校ばかりなら言葉も関東語です。でもこういう場合、「出身地」ってのはどこってことにしておけばいいんでしょうねぇ。ちょっとそれが気になる今日この頃です。
 私は親の仕事の関係で東京在住が長かったのですが、その親も京都府に越して来ました。まぁ私は私でこれから北海道を「第三の故郷」にするかと思い、結婚時に本籍地も北海道に移しています。



家族構成について

 同い年で道内出身の妻と、2006年に生まれた娘、2009年に生まれた息子がいます。

 子ども達は小さい時から一緒に過ごす時間を大切にしてきたので、お父さん大好きな子ども達に育ってくれました。何よりの宝物です。

2006年生まれ。
家では赤ちゃん。かわいいが時々悪人に豹変する。好きなことには粘り強い。片付けが弱い。忘れっ早い。寝るのはのび太くん並に速い。好きなのはお父さん。
2009年生まれ。
しっかり者。我が家の秘書代わり。行く大学も嫁ももう決まっているらしい。地図好きで5歳でロンドン旅行を実現させた。姉に出来ることは自分も出来ると思っている。姉並みに漢字は読める。ちょっと諦めが早い。



大切にしているもの

家庭生活を何より大切にしていきたいと思っています

 幸せな家庭生活あっての仕事であり、趣味であり、諸々の活動であり、そうした生き方を常に厳しく実践していきたいと思っています。



日々の生活について

家事は趣味ではありません。必要最低限です。

家事やります!

  夫婦共働きであり、また妻が教員でありどうしても時間外の仕事が生じかねないことから、結婚後も家事から手を引かず熱心にやっている(つもり)です。  もともとひとり暮らしをはじめてからずっと自炊しており、料理も必要最低限以上のことはできます。社会における男性の平均値は十分超えていると自負しています。


子育ても!

 子どもの保育所への送迎から、風呂に入れて、夕食を作ってぐらいのことはこなします。家事は嫌いではないですし、自分だったら毎日全部やるというのももたないなぁと思うので。
 休日になると畑や除雪、薪割りなどを含む家での外仕事があるので、妻に任せることが多いのが現状です。

 最近は少ないですが、子どもの体調が悪くなり早退が必要な時も、基本的には私が対応しています。


なので基本は定時退勤

 職場には迷惑をかけている部分もあるでしょうが、いつ抜けても仕事が滞ることがないよう(→仕事の性格上自分がやらないと基本的に止まる)先々を意識することと、仕事に関する情報をなるべく共有することに気をつけながらやるようにはしています。
 職場の飲み会より家族の時間とそういった発想の人間です。ごめんね。


家族以外の用事で遠出しません

 家族以外の出かける用事は抑制傾向です。  家族で出かけるならまだしも、それ以外のところでむやみに出かけて交通事故だかに遭ってもひとたまりもありませんし、そんなところに時間を割くより家庭生活に時間を割いた方がよほど時間の有効活用という思いがあります。
 そんなわけで、仕事がらみの関係での遠出はそんなわけでお断りが多いです。ごめんね。そんなポリシーを貫いてきたのでわかっているみなさんは理解してくれています。ありがとう。

 ただし、仕事以外の人間関係がない人間にもなりたくないので、お友達のお誘いは可能な範囲で考えていきたいなぁと思う今日この頃でもあります。


外食は好きじゃない

 外食とかは昔からあんまり好きではありません。うまくないもの食べたくないし、うまいものはそれなりに値も張るし、私くらいのはんぺん財布だとババ引く確率もそれなりに高いわけで・・・。そのぐらいなら家で食べたほうがよっぽどいいです。最近は食品の「安心・安全」「北海道の食材」にもこだわっており、食材選びから熱心にやっています。


家庭型はヘンですか?

 よく変な目でみられますが、自分の身の回りのことくらい自分でできて当然ではないでしょうか。それすらできないくせに社会で仕事しているのを偉そうに鼻にかけているのも何か違うんじゃないかなと思います。自分のことも出来ないのに人の面倒にまで首突っ込むなって。できるけどやらないってのはそれはそれだと思いますけどね。「やらない」と「できない」は意味違いますヨ。




理系?文系?

よく間違われますが文系頭です・・・

 私はなぜか会う人からはことごとく理科系の人と思われがちです。確かに高校・大学と理科系っぽいクラブ・サークルにも入っていましたが、基本的な頭のつくりは文系です。最近は旅先とかで会う人にさりげなく聞いてみますが正答率は5%にも満たないのが現状です。なぜでしょう。風貌とかものの考え方とか諸説ありです。
 でも個人的には理科系の人が大好きですね。事実、理科系の知り合いは不思議に多いですし、これからも仲良しでやっていきたいと思っています。
 今の私はばりばり事務系です。だって仕事が「事務職員」ですからね・・・



スポーツ

基本的に興味ないです・・・

 はっきり言って興味ないです。見るのもやるのも。プロスポーツなんかほとんど見ません。見るのは高校野球と箱根駅伝くらいのもので。高野連は大嫌いですが野球に感動している高校生に罪はないわけで。箱根駅伝も主催者についてはいろいろありますが、歴史のあるイベントでありなぜか見ます。
 夏場は旅や写真に必要な範囲での山歩きとか。冬は下手の横好き程度にスキーをしたり、あと旅先ではクロスカントリースキーで自然の中を歩きます。
 でも最近はそんな機会もだんだんと減り、マイカー社会の田舎暮らしがたたってか、年々加速度的に体力が落ちるのを感じます。なんとかせねばと思ってはいますが・・・、たまに街に出た時や近所は努めて歩くようにしているのが精一杯なところです。



わたしのものの見方

私のものの見方をいくつかご紹介しておきます。ホームページを見るうえで役立つかもしれません。


毒舌型!?

 もう少し穏当な言い方をすればいいものをきつーい言い方をします。弱った病人に劇薬を注ぎ込むような。でもそのくらいしないとインパクトはありません。
 でも私自身は面白くない毒舌はきらいです。


常識を疑え!

 世間が当たり前だと思っている価値観に疑問をぶつけていきます。実はそれこそが社会をよりよくしていくために一番必要なことである、その信念からです。当たり前を疑えない社会は軍国主義とかおかしな社会を生みます。


強者に厳しく 弱者に優しく

 世の中では一番損な生き方ですよね。本当の弱った病人に劇薬を注ぎ込むようなことはしません。優しくして何になるのかわかんない相手に親切な自分が時々います。強者には劇薬を投入します。強者にこびへつらっても決して世の中良くなりませんから。単純に損得勘定で動いているわけでもないみたいです。


正直者!?

 思っていることは実に正直に態度や言葉に出ます。それと反対のことをするのは好きではありません。


人間関係は「狭く、深く」

 人間関係はどちらかと言えば「特定少数と深く」型の人間です。無理に手広く人間関係を広げようとはあんまり思っていません。その意味でつきあいがいい人間ではありません。仲がいい人とは徹底的に仲良くします。


神経質なわけではありません

 人はけっこう私のことを神経質な人間だと思っているようですが、そんなわけではありません。気楽に声をかけていただきたいですね。




YANAPY's HomePage TOP-Menu へ戻る  アンケート



このページには 7683人のアクセスがありました。(1997.2.10以降)

2009年 7月21日更新

このページの著作権は YANAPY に帰属します。 (C)1996-2009, Copyright YANAPY, All Rights Reserved.

このページにはCSSを使用しています このページにはJavaScriptを使用しています